初級エンジニアが知っておきたい自社開発、受託開発、SESの違い

AWSエンジニア
自分が就業している、または就業を検討している企業が、どのような形態で事業を展開しているのかは重要です。 今回は、初級エンジニアが就職や転職などで仕事を選ぶときに知っていると役に立つ、 自社開発、受託開発、SESの違いについて説明したいと思います。

・将来ITエンジニアになりたい
・転職したい
・SESが何か知らない

上記のような方が、本記事の対象となります。

自社開発、受託開発、SESの違い

執筆者の経歴

私は10年以上、SESを経験した後に受託開発の企業に転職しました。 実際にSESと受託開発を経験して、それぞれの良い部分と悪い部分が分かりました。 SESの会社から離れましたが、決して否定的な訳ではありません。

自社開発とは

自社開発とは、自社でアプリケーションなどを開発し、サービスとして提供していることを言います。 携帯アプリゲーム会社で言えば、ディー・エヌ・エー、Cygames、ガンホーなどが代表的です。 就職で人気のある企業も、自社開発を行っている企業が多いです。 中小企業では、自社開発を行っていると謳っているが、従業員の大半はSESで他の企業に派遣されていることもあるので、 自社開発の企業に就業したい場合は、自社開発の割合を確認してみましょう。

受託開発とは

受託開発とは、自社開発を行っている企業などから、開発の業務を請け負う形態となります。 自社で開発しているアプリケーションやシステムではありませんが、お客様先には常駐しません。 SESとの違いは、自社で作業できるという点です。 受託開発を行っている企業も、会社の規模が小さくなるのに比例して、 SESと並行で事業を展開しているケースがあります。受託開発だけやりたい場合は、この比率についても注意が必要です。

SESとは

SESとは、客先に常駐して、協力会社の社員という名目で作業を行う形態です。 小規模な会社で最も多いのが、SESの会社です。 派遣元の会社の正社員として所属する点が、一般的な派遣社員との違いとなります。 ボーナスや有休取得もありますが、給料は参画する案件の単価によるところが多いです。 フリーランスと同じように、高単価の案件に参画すれば、給料にも反映されます。 しかし、案件報酬の給料への反映率は企業それぞれなので、単価100万円の案件に参画しても、 月額は35万円しかもらえないケースなどもあり得ます。

未経験からITエンジニアになる場合

未経験からITエンジニアになる場合は、SES事業を行っている会社が入りやすく、 自社開発や受託開発の企業は、新卒者で無いと難しい可能性があります。 中途採用の場合は、SES主体の企業で経験を積んで、自社開発や受託開発主体の企業に 転職するといった流れがスムーズかと考えます。

SESについて思うこと

私は、SES経験が長いので、個人的な考えを書きたいと思います。 SESは、エンジニアとしての経験を積んでいくと、ある程度案件を選べるようになります。 しかし、経験が浅いうちは案件を選ぶことができず、とんでもない現場に行くこともあります。 また、案件の中には年齢制限を設けているものもあるので、 実力が無いと、40代、50代で選べる案件が少なくなる可能性があります。

所属会社で長期的なキャリアを形成できるかどうかが、SES企業で働き続けるかを判断するポイントになるのかなと思います。 私は、上記の観点で不安を感じたため、受託開発を中心に行っている企業に転職しました。 SES会社でも、ひとりで常駐するのではなく、チーム単位で常駐するような会社は続けやすいと思います。

結局どれが良いのか

どれが良いかどうかは一概には言えません。SESが悪いとも思いません。 ただし、ITエンジニアとして企業に就職するのであれば、 自社開発、受託開発、SESの違いを理解していたほうが良いと考えます。
タイトルとURLをコピーしました