【Cloud9】CodeCommitリポジトリからHTTPS認証でクローンする手順

devops

過去の記事で、CodeCommitリポジトリの作成や、Cloud9のIDE環境作成を行いました。
今回は、Cloud9からCodeCommitリポジトリをHTTPS認証でクローンします。

Cloud9でCodeCommitリポジトリをクローンする

Cloud9の起動

まずは、AWSのマネジメントコンソールからCloud9を起動します。本記事では、以前作成したIDE環境を起動します。

1.Cloud9のコンソールを開く

2.以前作成した環境の「Open IDE」ボタンをクリックする。新規作成方法は下記参照。

3.ブラウザ上でCloud9が起動することを確認する

CodeCommitリポジトリの情報取得

Cloud9からgit cloneするため、CodeCommitリポジトリのURLを取得します。
当記事では以前作成したリポジトリの情報を取得します。

1.CodeCommitのコンソールを開く

2.一覧から、Cloud9でクローンするリポジトリの「HTTPS」をクリックしてコピーする

3.コピーしたURLを控えておく

https://git-codecommit.ap-northeast-1.amazonaws.com/v1/repos/<リポジトリ名>

Cloud9(ブラウザ)からCodeCommitリポジトリのクローン手順

1.Cloud9を操作します。

2.git configでユーザを設定します

$ git config --global user.name <任意の名前>
$ git config --global user.email <任意のメールアドレス>

3.下記コマンドを実行する

$ git clone https://git-codecommit.ap-northeast-1.amazonaws.com/v1/repos/<リポジトリ名>
Cloning into 'cloudbu_aws'…
remote: Counting objects: 9, done.
Unpacking objects: 100% (9/9), 998 bytes | 332.00 KiB/s, done.

4.lsコマンド等でクローンされたことを確認する

まとめ

CodeCommitの操作は、ローカルPCと相違ないことがわかりました。Cloud9は、インターネット環境があれば、場所やPCを選ばないところが便利な点です。今後は、Cloud9からTerraformやAnsibleを実行してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました